福山駅を出て 朝食は アンカーホテル福山内の「ANCHOR CAFE」でモーニング。

このアンカーホテルの特色は地元産プロダクトをちりばめている事。
ファブリックに家具、ドリンクまで....。

具体的には、鉄鋼で栄えた福山の特質を活かして、
設計者が「黒革鉄板」にこだわり 色の濃淡やムラ感を強調したり、
地元縫製をインテリア備品に活かしたり
(部屋が井原産デニムを用い アメリカンな感じがあるなど)
"地域を元気にする" 姿勢がある事だ。

anchorcafe

朝食は こちら独自のアンカードッグを注文。
池口精肉店のソーセージと
ザ スタンダードベーカリーのコッペパンを使ったこだわりの逸品。
ドリンクはDEER BRAND COFFEEのオリジナルブレンドコーヒーを選んだ...。
美味しい!。

館内はやはり 福山らしさを生かした味があり、モロにインスタ映えする。
地元で作られたデニムを用いたトートバッグ等も買えるのだ。

福山も素晴らしい所があるよなぁ。