山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

山口市

丘の上のダイニング TO TOMATO

今年2018年9月14日から11月4日まで開催される「山口ゆめ花博」
県民の皆さんは もう足を運ばれたであろうか?!

花が色を添える夢の庭園を歩いたり、庭の多彩な魅力を楽しんだり、
山や海の自然を利用したダイナミックな遊びを体験したり、
充実した一日を過ごす事の出来る 広い会場だが、
実は飲食店はとても少ないのだ。

そんな中で 最も飲食店舗として形を成している
"丘の上のダイニング TO TOMATO" で昼食を摂った。

場所は花博会場の「海の外遊びゾーン」の最も臨海側に位置している。
入場門で貰える会場案内マップの左下である。

totomato

メニューを見て 我々は、
・リーズのスパイシースープカレー
・こ熊やプレミアムカレー
を選択した。いずれも1,400円である。
(2,100円のセットはソフトドリンクとジェラートが付く)

自然豊かなファームで作ったトマトなど 食材に拘りが感じられる店で、
博覧会の中の期間限定店舗という事もあって お値段の方はよろしかったりするが(^^;)
スープカレーは ただならぬコクと野菜の美味さが両立しており 大いに満足した。
本場札幌で食べたスープカレーと較べても それに比肩しうる程の味わい、
山口ゆめ花博グルメとしては ここのスープカレーをお薦めしたい。

海原を見ながらの食事も雰囲気が良い...。
席数は1階37席、半外16~24席、デッキテラス48~56席(ペット可)である。

但し、まともなレストランがここ以外に無いので 昼時は混雑する。
我々は平日の10時半に入ったので 写真のようにまだ客は少なかったが
11時を過ぎたら かなりの客が並んでいた。
やはり早い時間に行かれるのが得策なようだ。

 ※当方制作「山口ゆめ花博」旅日記はこちらから

11月4日までの花博というイベント会場内という事もあって
スタッフの皆さんも色々慌ただしく忙しそうなので
暖かく見守ってあげて...と感じた。

桃華園

研修で、新山口(小郡)に宿泊。
メシを食いに ホテル近くの小郡大正通り(在来線口)の中華料理屋「桃華園」に入った。
何と18:45という時間ながらランチが注文できる。

それ、ランチって言うん⁉️
ディナーじゃないか( ̄▽ ̄;)と思うかもしれないが....

メニューは
「桃華園ランチ(酢豚・鳥唐揚・八宝菜・スープ)」1300
「ランチ(八宝菜・酢豚・唐揚から1品と玉子焼・スープ)」900円
「ラーメン」500円
「中華丼」600円
「チャンポン」600円
「焼きそば」600円
「焼きめし」600円
以上の他、600円又は900円の均一価格で中華一品料理が揃う。

toukaen_ogoori

八宝菜か酢豚か迷った挙句、酢豚「酢豚ランチ」900円を注文した。
ランチは八宝菜、酢豚、唐揚から選べ、卵焼き、ライス、スープ付。
ボリュームも満足だが それ以上に小郡の中華料理の老舗らしい味の安定感がある!

内装は中国と日本を合わせたようで
味わえるのが庶民的な本格中華と言った印象だ。

新山口(小郡)は 山口県の交通の要衝だが
在来線口は、古くから鉄道の町として発展した歴史もあり
意外と美味しい所が多いようだ。あらためてこんな町好きだな。

温泉の森レストラン

山口市湯田温泉の日帰り温泉施設「温泉の森」へ行った。写真は皿うどん定食とカレイの唐揚定食、
俺は迷わず“温泉の森おすすめ”と銘打ってあるカレイの唐揚定食を食べた。
味付けも上品でセットも過不足無くまとまっているといった感。

onsenno_mori

レストランで食べるには温泉の利用が前提となり 食べるためだけの利用が出来ないようだ。
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ