山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

柳井市

HANAHANA (やまぐちフラワーランド内)

柳井市内でお洒落な雰囲気で バイキングを愉しみたい...
そうした希望に「なかなか無いよね 柳井でバイキングなんて」と回答していたものだったが
よく考えてみると やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」で
それが出来る事を思い出して 早速行ってみた。

やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」は 千鳥系列のお店
周防大島や光に系列店があるが ここならば味に定評もある。

フラワーランド内なら入場料を500円払わないと...と思われるかもしれないが
食事だけであれば正面入口のインターフォンを押せば レストランスタッフの誘導で
レストランのみの利用が入場料無しで可能だ。

ロハス調をイメージしたとされるアースカラーの店内は明るくてモダン そして清潔である。
席と席との距離が若干近い感もあるも 
ファミレスやファーストフード店のように 声の大きな女子高生などが居る訳ではないので
雰囲気は悪くない。

hanahana_chidori

メニューは ピザセット、パスタセット、釜めしセットがあり
セット内容に前菜、プチバイキング、セットドリンクが付いてくる
各コースに+300円で パイ包みスープも楽しめる。
私達はパスタセットを頼んだ。

前菜は一つの皿に4つの小さな料理が並び 盛り付けも丁寧でお洒落。
パスタはいつものように相方と 和風とクリーム系と違う物をシェアして愉しんだが、
素材に頼り切らずにしっかりした味を 双方ともに出しているといった感じ。

ビュッフェもプチバイキングとはいえ パンやスープ カレーなどが食べ放題!
パンは柳井の同じ千鳥系列の「グランマ」のもので、パンを温めるトースターも用意され嬉しい。

デザートはアイスクリームやケーキ、ムース、プリン タルトなどの中から
三種類が皿に盛られ 二人で行くと少しづつ異なる内容になっている。
デザートは彩り豊かでありながら甘さも控えめで 充分に満腹になった。
これだけの値段でこれだけの内容なら申し分ない。

店内の窓からフラワーランドの花が見られるという訳ではないので
デートならば やまぐちフラワーランドと併せて 是非観て欲しいと思う。

キッチンKOBEYA

柳井のキッチンKOBEYAに行った。

柳井駅前は 私が高校生だった頃と較べると 街がずいぶん様変わりして
アーケード商店街が消え 中型の商業店舗もすべて姿を消している。
飲食店も同様で 駅前なのにちょっとした食事処が見当たらないのだ。

町は「観光の白壁の町」として綺麗に整理されて 駅前から清潔感があるのだが
古い町が有する歴史、アジといったものまで失われてしまうのか..... 
と柳井駅を西側に向かって歩くと、ある店の壁に キッチンKOBEYA という文字が...。

私が高校在学時代 柳井の中心商店街は銀天街、久保町、亀岡のアーケードがあり
久保町アーケードに「神戸屋」という美味い定食を食べさせてくれる店があったのだ。
その後 平生町にステーキの店となったようだが、
この柳井のKOBEYAは ひょっとして紆余曲折を経たあとの再来? と思い(^^)
嬉しくなって この店の門を開いたのである。

店内はテーブル席が3つと、カウンターが5席程度の小さな店だ。
ただ店内はかなり綺麗にしてあり シンプルで雰囲気も良い。

kobeya

ランチタイム(11:30~14:30)限定で 週替わりワンプレートランチ、週替わり定食、週替わり得々プレートがあったが 1,200円の週替わり定食を注文した。
週替わりワンプレートランチ、週替わり定食とも一日限定10食なので 早めに行く事をお勧め。

内容は 鶏モモ肉の中華風煮込み かぼちゃのそぼろあんかけ
里芋とハムのゆずこしょうサラダ オクラの潮麹焼きである。
食後に手作りデザート&ドリンクが付く。

料理に関しては ありふれた素材を 豊かと思える経験で
逸品に仕上げている印象を受けた。
どの碗の料理も味わい深く その味の濃淡が見事に調和している。
ご飯は山口県産米を使っている。

小さな店ながら メニューを見ていたら意外と品数も多い
スペシャルメニューの和牛サーロインセットが3300円、
ハンバーグ物は ハンバーグデミソース、ハンバーグデミチーズ、和風ハンバーグ変わりあんかけ
定食は 有頭海老フライ定食 牛柳川鍋定食 海老玉子とじ定食 かつ鍋玉子とじ定食
鶏から揚げ定食、海老フライ定食 焼肉定食 ミックスフライ定食 とんかつ定食
牡蠣フライ定食(9月~3月) チキンカツ定食など バラエティに富んでいる。
昔の土手町にあった神戸屋を思い出してしまった。

商業の町として栄えた柳井は 南周防圏域(田布施 平生 上関 周防大島)から人や物が集まり
昔は町場に美味しい食堂が多かったといわれる。
時代の変化により町も姿を変えたが こういうお店こそ頑張って欲しいと感じた。

柳井駅から西に県道を約200M ヤナイ園芸に向かって行く道に位置している。火曜日が休み

sweets&cafe miyabi

地元産の食材をふんだんに使用した 体に優しいランチが出来る店と聞き
柳井のmiyabiを訪ねた。

miyabiは山口県南東部の女性に大変人気がある店で 平日でも駐車場にはいつも車が満杯。
そこでランチとしては比較的早めの時間に行ってみたのだ。
場所は柳井駅から西側にある高架橋 東条大橋を渡った北側に位置している。
ドラッグストアが近接しており その辺はわかりやすい。

ランチタイムは11:00~13:30であるが
1000円の日替わりランチはすぐに売り切れるので早めに行かれることをお勧め。
私達は1200円の週替わりのパイ包み焼ランチを注文した。
これに別途300円を出すと 皿に一回だけ乗せ放題のワンプレートデザートバイキングが愉しめる。

手作りの凝っている料理と 野菜中心の優しい味付けで
自然な美味しさがある。

miyabiyanai

ランチは メイン料理に小鉢4品、ご飯、お味噌汁、食後のドリンクが付く
ご飯とお味噌汁はお替わり可能だから 満腹になった(^^)。

米は柳井市の米どころ余田産のコシヒカリ 味噌汁も私達山口県東部住民が好む味である。

季節の食材を大切にして 既製品を使っていない所に好感が持てる。
しかもスゴイのは 若い管理栄養士が献立を監修しているのか
店内には管理栄養士の栄養ブックなる小冊子も置かれていた。

店内はなかなかお洒落で、無機質なスタイリッシュではなく
ソファやカーテンなど 女性好みのカジュアルでアットホームといった感。
私はパートナーと訪ねたが 男一人では行き辛いかも(笑)

柳井銘菓を中心とする手作りお菓子も買えるし
キッズルームや個室席もあるなど 女性に人気である事は頷けるはず。
機会があれば 今度は予約をして行ってみたいお店の一つであった。

柳井でランチするなら筆頭にお勧めしたい。

創食浪漫館TONTON

山口県柳井市のトンカツ料理専門店「創食浪漫館TONTON」に行った。
場所は国道188号線 柳井警察署の向かいの交差点 パチンコ屋の隣に在る。

この店はシェフが広島、三重のホテルでフレンチシェフをされていたとの事で、
素材本来の味を存分に生かした料理に定評があり、営業を始めて既に13年になる店だ。

トンカツ以外にもメニューは豊富で 定食は20種くらいあるし、
カツサンド カツカレー かつ丼なども楽しめる。

tonton

連れは 「とんかつ屋さんのカレー」(サラダ付)800円、
私は 「カツ華盛三種定食」1,100円 を選択した。

カレーは 濃いめのルーの色を見て辛いのかと思ったら 
フルーティな少し甘めの味付けで 食べやすかったそうだ。
カツ華盛三種定食は 海老フライ、おろしフィレひとくちカツ、ビーフコロッケの盛り合わせ
おろしフィレカツは柔らかくジューシーで美味しく、海老フライの揚げ具合も丁度良い感じ
素の儘でひと口食べてみた後に ソースを付けて食べたが 
こだわりのソースで より味が引き立つといった印象。 
(ごはんとキャベツはおかわりが出来る)

総じて上品な味付けで 女性客が多いのも頷ける。

シェフが元フレンチシェフとの事で
ディナータイム限定だが、「膳」というフレンチの創作料理もあるようだ。
外食もデフレ時代が進み、安価な食べ物が氾濫しているが、
ちゃんとした料理を食べさせてくれる良いお店だと感じた。

グラン・ジュテ

柳井市伊陸(いかちと読み 玖珂ICと柳井市街の中間に位置) 県道70号沿いの長閑な水田地帯にある
カフェテリア「グラン・ジュテ」のランチが食べたくて 行ってみた。
以前から行こうと思っていたが 人気店で常に駐車場が満車状態だったので 今回は早めに出発した次第。

店の外観は今風でお洒落。 
白を基調とした明るい店内は お洒落なカントリー雑貨が飾られ  
窓から見える一面の田園風景に心癒される。
女性客が多かった。
grandjete

メニューは定食屋をお洒落にした感じで 昼時はランチからの選択となる。
前菜(バイキング形式)+メイン(5種類あったが、11時半時点で選べたのは3種)+ご飯+味噌汁
野菜を沢山食べられて1,000円だから安い!。

これにドリンクとミニケーキが付いたものが1,200円
さらにスイーツが付いたもので1,400円となっている(2012/9現在)

私はメインに「手作りコロッケと鶏の唐揚げ」、
連れは「白身魚の中華あんかけ」を選択した。
コロッケはさくさく、唐揚げもしっかり目の味付けで きっちり作られた家庭料理といった印象....。

前菜はバイキング形式で サラダだけでなく惣菜も色々選べる。
ご飯は自家製伊陸米をガス釜で炊き上げているとの事、さすがに美味い。


この店で最も印象的なのが 素敵なカフェの雰囲気とは似つかわない楽しい親父さん!
方言丸出しで大変フレンドリーに接してくれるからか 地元の年輩のお客も多かった。
自営の飲食店だけに楽しい冗談も飛び出して 親戚宅で和んでいる気分になれる。


11時~18時の営業で 火水曜日が休み。
ランチは食材が無くなった時点で終わりである 
(以前 15時頃に行った時には喫茶メニューの中からの選択となった)
11時半の時点でも駐車場が一杯だったので 早めに行かれる事をお勧め。

中華料理・台湾

柳井白壁の町でお腹いっぱい食べたい”という人に お薦めするのが
柳井・本橋通りにある「中華料理・台湾」だ。
店名の暖簾には「台湾」と書かれているが 地元柳井の人達は「台湾屋」と呼んでいる。

白壁の町並の区画整理に伴い 店も新しくなっている。
店内の雰囲気は、昔ながらの定食屋といった感。
入口から店内を一望できず L字型になっていて 壁際にカウンターが6席程度と
4人が座れる小上がりのテーブルが5つ位あった。

taiwanya

ここで食べるなら やはりこの店の名物「汁そば」(上写真)だろうか.....。
キャベツや人参などの大量の野菜と豚バラ肉の下に 
蕎麦の味の太い麺が鎮座しているというもの。

麺は中太のストレート麺で、太さにしてはコシがなく モソモソとした食感。
(麺断面はエッジのない楕円形)
薄い茶色のスープは、鶏ガラベースで脂の量は多め(但ししつこさは無い)
野菜の甘味も加わっているので 適当に胡椒をかけると丁度良い味になると感じる。

値段は“並”で500円だが これでも充分にお腹がドッシリと満腹になるので
大盛りだったら 普通の人ならきっと残してしまうのではないかと思われる。

一緒に出てきた沢庵は 汁そば実食時の必須アイテムと云われるが、
確かに「汁そば」食後のお口直しにはよく合っていると思う。

山口県東部で ワンコインで最も満腹になるメニューであろう。
店の前に駐車場は4台程度。

れーがん

柳井市白壁の町並に近い「喫茶れーがん」に行った。
場所は柳井川南側の河畔に位置している。
柳井の白壁の町並みを観光で散策した人は 食事処が無いと不満を漏らすが
ここに隠れた名店があるのでお薦めしたい。

「喫茶れーがん」は25年以上前から続いている喫茶店で、懐かしさもあるし
バブルの頃は(残業続きで)倍の給料を貰っていた事もあり 
ここでたまに ブルーマウンテンを景気良く飲んでいたものだ(笑)。

店名の冠には“喫茶”とはあるが、定食やカレー、サンドイッチ他
レストランに近い感じのメニューがあり、ランチメニューも豊富にあるので、
食事を摂りたいという人にもお薦め出来る。

reygan

定食は 和食定食、うどん定食、れーがん丼定食、とんかつ定食、コロッケ定食、
豚の生姜焼き定食、野菜炒め定食など 喫茶店の定食にしては種類も豊富。
価格も 焼肉定食、チーズインハンバーグ以外は1,000円以内なのが嬉しい。

日替わり定食は数量限定の定食で750円。
私が行った時は塩サバのフライだったので 迷わずそれを注文。
おかずが少しずつ沢山あるのも良いし、使う野菜は農家に直接取りに行くほどのこだわりもあるとか。
連れはナシゴレン(南国風焼飯)850円を注文。
食後はデミタスカップのコーヒーが食事メニューに付く。

スパゲティはミートスパやナポリタンが 熱々の鉄板に載せて出されるもので
たまにはこういう昔ながらの店もいいナと感じる。


地元の常連のお客が多く、年季の入った店という印象は受けるかもしれないが、
調理も接客も全て女性スタッフで、オバちゃんの明るい雰囲気が好ましい。

席は、カウンター席が4~5席程度あり、2人席と4人席が3テーブル、
一番奥は8人位のテーブル席になっている。
駐車場は5台程度なので 昼時などはお早めに。

果子乃季 ハーフスィーツ

皆さんは スイーツを食べながらお茶したいと思ったら 何処を利用されるだろうか?

山口県東部の定番菓子で 半ばブランドになっているのが“月でひろった卵”。
それを扱っている あさひ製菓(株)の洋和菓子販売チェーン「菓子乃季」は、
山口県東部の大抵の町に出店し、本社と工場が柳井市にあるのだが 
菓子乃季の他店舗とは異なり、この「ハーフスイーツ」はアウトレット的形態の店で
製造工程で形が崩れてしまった規格外品の商品、賞味期限切れ間近の物、製造段階で半端な物を
(店名のハーフスィーツと云う通りに)定価の半額で買えるという 甘党には嬉しい店である。

halfsweets

店内には、「形が悪いかもしれません」「包装資材を極力省きます」「完全セルフサービスです」
「賞味期限は短いです」「売り切れごめんです」と説明版がある。
そして商品の内容や価格は 日によって変わる。

商品は果子乃季のものなので、お味の方はまず間違いないといえる。
ケーキやシュークリームなどの生菓子、
クッキー、柳井銘菓の和菓子、羊羹、饅頭など 種類も多岐に渡る。

ケーキは色々な種類のものが透明プラスチックパックに3~5個ほど入っている、
パックの中のケーキの組み合わせがそれぞれ違い 値段も違うので 選ぶ楽しみがある。
ここでさっそくケーキを連れに選んでもらって お茶にした。
写真中央の商品が 何と350円である!! (^^)

お店の半分がイートインタイプの喫茶コーナーになっており、
買ったものをこちらで食べることが可能。
店内の自動販売機のコーヒーやドリンクも50円と70円。リーズナブルにお茶ができると思う。
私達も「黒ゴマてんてん」をさらに追加で購入するから いやしい二人である(笑)

場所は柳井駅の南側で メルクス柳井というショッピングセンター東側なので 
買い物ついでに、暑さを逃れて休憩したい時など たまに利用している。
包装は透明パックやビニール袋などの簡易包装が主体ではあるが 
味は普通のものと変わりないので お薦めだ。

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ