山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ
貧乏舌のくせに 知ったげに写真中心にお届けするけえの~

柳井市

Chouchou 柳井

柳井市新庄のCHOUCHOU(シュシュ)で "ひとりスイーツ" を愉しんだ

平日限定「スイーツバイキング」なら 1時間で¥2,000(消費税込)。
単価
¥680以下のスイーツを選べる。ドリンク1杯とアイス付き。

chouchou1

バイキングと云っても、ショーケースのケーキを選んで申し出ると、
スタッフが席まで運ぶ方式だから

(各自がトングで取るのと違って)衛生的にも安心だ。

私の選んだ6つはどれも絶品

優れた素材を用いて 味わいはバラエティに富むし、
彩り溢れ
視覚的にも愉しめた

chouchou4
生チョコシフォン
シフォンケーキ人気No.1。飾った苺がアクセント
¥500
キャラメルマロンタルト
甘い栗とサクサクのタルトが絶妙
¥550

chouchou3
苺のミルフィーユ
サクッとした香りの良いパイと甘酸っぱい苺の相性が抜群、数量限定。
¥550
季節のフルーツタルト
選んだ中で最も高いケーキ。良質なフルーツが盛り沢山。瑞々しさを味わいたい向きに....
¥680

chouchou2
ショコラ・ショコラ(手前)
フランボワーズの香りを偲ばせる シュシュ史上最も濃厚というチョコレートケーキ、数量限定。
¥650
ブルーベリータルト
プチプチ食感のブルーベリーを存分に愉しめる。レッドカラントもアクセント的に入り華を添える。
¥600


私は無類のスイーツ好きだし
決して少食ではないが、バイキングと云っても実際には食べられるケーキは上記6つが精一杯だった
 (これが普通の感覚で、おそらく皆さんも同様ではなかろうか)

その為
ここは 食べたいスイーツを異種ばかり先行選択するのが賢明と思う。(似たシフォン物ばかり先に選んでミルフィーユは後の楽しみに残す....とか言ってるとgive upしてしまう筈)

chouchou5

店内はしっとりと落ち着いた雰囲気のインテリアで統一されお洒落だし、珈琲はウエッジウッドのカップで出てくる柳井の商圏人口は岩国の2/5なのに、素晴らしい店があるものだ。

Aさひ製菓(K子乃季)系列店のケーキバイキングの中で最も高い価格設定なのでココを選んだ。
今回は「ケーキ総額¥3,530+アイス(ピュアストロベリー)+コーヒー」を堪能し ¥2,000だからかなりお得!。

県下に多店舗を有し 多種を売り抜ける量販力と商品開発力を持つAさひ製菓(K子乃季)の企業スケールだから出来るのであろう...
変化に富む商品構成に感嘆したし、山口県スイーツの素晴らしさを再認識した良い機会だった

レストラン山里ひづみ

最近は岩国柳井圏域から出る事を控えているが、
柳井市日積の国道437号線の道の駅・ふれあいどころ437へ。

レストラン山里ひづみ
コロナ渦の現在、バイキング形式での提供は見合わせており、
席数を半分にして間隔も広げられ、日替わり定食のみとなっている。

yamazato_hizumi

地元の野菜をふんだんに使っており、
少しずつ色々食べたい我々には むしろこちらが好ましかった。
食後のコーヒー付で 消費税込1,100円はお手頃といえる。

レストランではエコ50米を使用しているとの事。
化学肥料と化学農薬の使用を県の基準の50%以下に削減し
エコやまぐち農産物認証を受けたお米である。

レストランは水曜日と木曜日が定休日、
損益分岐点ギリギリであろうが 少ないお客でも日替り定食を出すなどして
継されているのは嬉しかった。

この道の駅は 元大里小学校の跡地に出来たものである。
静かな田舎も和むね。

四季旬菜蔵や

白壁の町・山口県柳井市。
今日のランチは、白壁通り東側の商家、 "むろやの園"の隣「四季旬菜蔵や」を予約して行った。
築200年の古民家で雰囲気も良い。

席に座ると、三段重箱の和の皿とお豆腐が運ばれてきて、
その内容に感嘆しているうちに、洋の皿が運ばれ、その素敵な内容に舌を巻いた。
ご飯、味噌汁、漬物付。

重箱は開けるときのワクワク感があるよね。

sikisyunsai_kuraya

和の皿は上品であるが、洋の皿は揚げたての海老フライと鶏天ぷら、麻婆豆腐、
そして季節の野菜グラタンでその対比が素晴らしい。

食後のデザートは、柳井名物の甘露醤油を使ったプリンが出て来たし、
この圧巻のランチが税込1,100円とは凄い!。
ランチは要予約であるが、優しい味とボリュームに大いに満足した。

小窓からは柳井日日新聞社の壁の、金魚ちょうちんの鏝絵が見えて、
何と素晴らしい風景を持つ町かとため息が出た。

この界隈で食べたのも久し振りである。
やはり私には慣れ親しんだ岩国柳井圏域の味が一番馴染むナとあらためて感じたね。


たまごっちゃ

柳井市大畠に たまごがけご飯専門店「たまごっちゃ」が
半月前に出来たと聞き 行ってみた。

場所は 柳井市神代殿畑。
大畠と日積の中間の国道437号線
岩尾の滝トンネルを上がって1km弱の場所(ギリギリ旧大畠町域)。

tamagoccya

たまごっちゃセットを注文。
伊陸産コシヒカリ、長州鶏もも唐揚げ、山口県郷土料理けんちょう、新鮮平飼いたまご。
たまごがけご飯、トッピングにしそ昆布を選び、
醤油は地元柳井の佐川醤油のぶちええじゃん(昆布だし)をチョイスしてみた。
もう旨すぎる!

私が行った時には生憎 烏骨鶏が品切れだったが....
卵が新鮮で美味しいし、中四国9県の醤油を取り揃えていて、かける醤油で味わいも変わる。

店内には柳井のお土産も売ってある。

柳井市神代3302-2
8時から15時半迄の営業で 木曜日休み。

ひま処3000 o 千晶

柳井市南町「ひま処3000 o 千晶」でランチ。
場所はしゃぶしゃぶ温野菜柳井店の南側。
柳井駅地下道から市役所まで続く舗道沿い。

ここは夜は飲み屋だけど、昼に行くとメニューは無く、
「定食」と言うだけで600円(消費税込)の日替わりランチが出て来る。

himadokoro_chiaki

そのランチが値段の割になかなか充実している(写真参照)

11時10分の開店と同時に入ったので空いてたが、
近くに柳井市役所があるので昼はお客もそれなりに多いみたい。

柳井市南町は新開地ではあるが、新たな店が増えてきて
これから注目したいエリアといえよう。 

KAZUHANA

柳井の生パスタの店 KAZUHANA を訪ねた。
駅南側の新開地にある 個人店らしいスッキリとした店だ。

パスタだけでも メニューは トマト系が6種、クリーム系が6種、ミート系3種、
バジル系3種、ぺペロンチーノ4種、和風5種とバラエティに富む。

豊富なメニューの中から 我々は下の2つを選択。
●チキンときのこ、青紫蘇、胡麻のペペロンチーノ
●KAZUHANA特製タラコ、海老、青紫蘇風味 レモン添え

バゲットはアンチョビ、ガーリックを選択した。

kazuhana

ここは創業10年との事。麺は9種類から選べるし、パスタの食感がイイ
スタッフの方に 味に合った麺の種類を尋ねると 丁寧に教えてくれる。

お洒落なお店で 殆どが女性客だったが、
美味しくモチモチしたパスタを愉しむ事が出来た。

裏通りにあるにも関わらず コンスタントにお客が入っていたし
また機会があれば是非また 食べに行きたいと思う。

薪窯イタリアン・アルベロ

柳井のやまぐちフラワーランド近くに、本格的ピザを食べさせてくれる店が出来たと聞き
さっそく訪ねてみる事にした。

店名は「薪窯イタリアン・ALBELO」で やまぐちフラワーランドの西南側
やまぐち自然薯生産組合の奥側(西側)に位置している。

今年8/8にオープンしたばかりの 本格ピザを中心としイタリア料理店で
アルベロとは木を表すイタリアの言葉との事。
特に予約はしてなかったので 日曜日という事もあって開店と同時に行った。

albero

イタリア製薪窯で焼いたピッツァがメインであるようで
ランチ時間帯は、おすすめコースの中から、1990円のスタジョーネを選択した。
内容はミニ活菜サラダ、ピッツァ2種、ドリンク、ドルチェとなっている。

ピッツァは、マルゲリータDOG(水牛モッツァレラとトマト)、太刀魚の黄金マソナーラを選んだ。
太刀魚など柳井近辺の魚を使っているとの事だ。
良質なオリーブオイルをかけて420度の窯で焼く事で 不飽和脂肪酸となり
軽い食感が生地のおいしさを引き立てているそうだ。

前菜のサラダも ドレッシングは柳井の甘露醤油を使ったものだったり
デザートも(今回はティラミス)季節の食材を使って 上品な味わいがある。
店内では ピッツアの生地で作ったフランスパンも販売されていた。

開店からちょうど1ヶ月の日に行ったが 駐車場も満員で、
常連ぽいお客さんも居たりして、早くも人気店になっている事が窺えた。
店内は大きく2室に分かれており、双方合わせて約30席と 意外と広々としている。
もちろんデートに好適だ。土日祭日は予約して行くのが無難であろう。

Itonami cafe

今日は柳井市日積の Itonami cafe でランチ。

場所は国道437号線、ふれあいどころ437から大畠側に約1.5km走った場所。
特養老人ホーム四季の里 あそか苑入口の交差点を
それとは反対側に入った所にある。

メニューの中から、「いつもの定食」と云う名の900円のランチを注文。

今日の内容は、イトナミ棚田米、お味噌汁、大島産ひじきの煮物、
日積産きくらげとお野菜の和え物、破竹のチンジャオロースー風、
しょうゆ糀唐揚げと日積産アスパラの肉巻きであった。

itonami_cafe

自家製野菜や近隣の素材を使い、味付けも素朴で優しい感じがした。

古民家とそれを取り巻く風情がとても居心地良く、落ち着いた時間を過ごせた。
次回100円引の券も貰えたし。

柳井市日積は 北は氷室岳に繋がる尾根、東に銭壺山、西は三ヶ岳に囲まれた静かな盆地。
華やぐものこそ何も無いが、このお店の味わいに触れて
里山の "営み"が感じ取れるだろう。

HANAHANA (やまぐちフラワーランド内)

柳井市内でお洒落な雰囲気で バイキングを愉しみたい...
そうした希望に「なかなか無いよね 柳井でバイキングなんて」と回答していたものだったが
よく考えてみると やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」で
それが出来る事を思い出して 早速行ってみた。

やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」は 千鳥系列のお店
周防大島や光に系列店があるが ここならば味に定評もある。

フラワーランド内なら入場料を500円払わないと...と思われるかもしれないが
食事だけであれば正面入口のインターフォンを押せば レストランスタッフの誘導で
レストランのみの利用が入場料無しで可能だ。

ロハス調をイメージしたとされるアースカラーの店内は明るくてモダン そして清潔である。
席と席との距離が若干近い感もあるも 
ファミレスやファーストフード店のように 声の大きな女子高生などが居る訳ではないので
雰囲気は悪くない。

hanahana_chidori

メニューは ピザセット、パスタセット、釜めしセットがあり
セット内容に前菜、プチバイキング、セットドリンクが付いてくる
各コースに+300円で パイ包みスープも楽しめる。
私達はパスタセットを頼んだ。

前菜は一つの皿に4つの小さな料理が並び 盛り付けも丁寧でお洒落。
パスタはいつものように相方と 和風とクリーム系と違う物をシェアして愉しんだが、
素材に頼り切らずにしっかりした味を 双方ともに出しているといった感じ。

ビュッフェもプチバイキングとはいえ パンやスープ カレーなどが食べ放題!
パンは柳井の同じ千鳥系列の「グランマ」のもので、パンを温めるトースターも用意され嬉しい。

デザートはアイスクリームやケーキ、ムース、プリン タルトなどの中から
三種類が皿に盛られ 二人で行くと少しづつ異なる内容になっている。
デザートは彩り豊かでありながら甘さも控えめで 充分に満腹になった。
これだけの値段でこれだけの内容なら申し分ない。

店内の窓からフラワーランドの花が見られるという訳ではないので
デートならば やまぐちフラワーランドと併せて 是非観て欲しいと思う。

キッチンKOBEYA

柳井のキッチンKOBEYAに行った。

柳井駅前は 私が高校生だった頃と較べると 街がずいぶん様変わりして
アーケード商店街が消え 中型の商業店舗もすべて姿を消している。
飲食店も同様で 駅前なのにちょっとした食事処が見当たらないのだ。

町は「観光の白壁の町」として綺麗に整理されて 駅前から清潔感があるのだが
古い町が有する歴史、アジといったものまで失われてしまうのか..... 
と柳井駅を西側に向かって歩くと、ある店の壁に キッチンKOBEYA という文字が...。

私が高校在学時代 柳井の中心商店街は銀天街、久保町、亀岡のアーケードがあり
久保町アーケードに「神戸屋」という美味い定食を食べさせてくれる店があったのだ。
その後 平生町にステーキの店となったようだが、
この柳井のKOBEYAは ひょっとして紆余曲折を経たあとの再来? と思い(^^)
嬉しくなって この店の門を開いたのである。

店内はテーブル席が3つと、カウンターが5席程度の小さな店だ。
ただ店内はかなり綺麗にしてあり シンプルで雰囲気も良い。

kobeya

ランチタイム(11:30~14:30)限定で 週替わりワンプレートランチ、週替わり定食、週替わり得々プレートがあったが 1,200円の週替わり定食を注文した。
週替わりワンプレートランチ、週替わり定食とも一日限定10食なので 早めに行く事をお勧め。

内容は 鶏モモ肉の中華風煮込み かぼちゃのそぼろあんかけ
里芋とハムのゆずこしょうサラダ オクラの潮麹焼きである。
食後に手作りデザート&ドリンクが付く。

料理に関しては ありふれた素材を 豊かと思える経験で
逸品に仕上げている印象を受けた。
どの碗の料理も味わい深く その味の濃淡が見事に調和している。
ご飯は山口県産米を使っている。

小さな店ながら メニューを見ていたら意外と品数も多い
スペシャルメニューの和牛サーロインセットが3300円、
ハンバーグ物は ハンバーグデミソース、ハンバーグデミチーズ、和風ハンバーグ変わりあんかけ
定食は 有頭海老フライ定食 牛柳川鍋定食 海老玉子とじ定食 かつ鍋玉子とじ定食
鶏から揚げ定食、海老フライ定食 焼肉定食 ミックスフライ定食 とんかつ定食
牡蠣フライ定食(9月~3月) チキンカツ定食など バラエティに富んでいる。
昔の土手町にあった神戸屋を思い出してしまった。

商業の町として栄えた柳井は 南周防圏域(田布施 平生 上関 周防大島)から人や物が集まり
昔は町場に美味しい食堂が多かったといわれる。
時代の変化により町も姿を変えたが こういうお店こそ頑張って欲しいと感じた。

柳井駅から西に県道を約200M ヤナイ園芸に向かって行く道に位置している。火曜日が休み
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ