山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ
貧乏舌のくせに 知ったげに写真中心にお届けするけえの~

2021年02月

ホテル松原屋・レストランレスピレ

光市虹ヶ浜・ホテル松原屋のレストラン「レス・ピ・レ」へ。
春のステーキフェアが2/19から始まったと山口新聞で知り 行ってみたのだ。

200gのステーキが今なら¥1,500。サラダ、スープ、ライス付。

甘辛ソースと塩で食べたが、ボリュームある美味いステーキに感動。
周囲を見ると何と8割の客がステーキを頼んでいた。

matsubaraya

彼女は如月御膳¥1,500を頼んだ。
月替りの御膳で、刺身、前菜(鴨ロース、出汁巻玉子、カニカマサラダ)、
茶碗蒸し、揚物(鯵フライ生野菜添え)、鍋(豚鍋)、ご飯、味噌汁、香の物、フルーツと、
内容もかなり充実している。女性はこれを頼んでる人が多かった。

我々はシェアしては愉しんだ。

ステーキフェアはかなり人気があるので、予約していくのが肝要であるといえる。

こちらのホテル松原屋は、意外にもグルメに力を入れているようで、
3月からは "いちご祭り" も開催するようだ。
スイーツも実は好きなのでまた行きたいナ。

Chouchou 柳井

柳井市新庄のCHOUCHOU(シュシュ)で "ひとりスイーツ" を愉しんだ

平日限定「スイーツバイキング」なら 1時間で¥2,000(消費税込)。
単価
¥680以下のスイーツを選べる。ドリンク1杯とアイス付き。

chouchou1

バイキングと云っても、ショーケースのケーキを選んで申し出ると、
スタッフが席まで運ぶ方式だから

(各自がトングで取るのと違って)衛生的にも安心だ。

私の選んだ6つはどれも絶品

優れた素材を用いて 味わいはバラエティに富むし、
彩り溢れ
視覚的にも愉しめた

chouchou4
生チョコシフォン
シフォンケーキ人気No.1。飾った苺がアクセント
¥500
キャラメルマロンタルト
甘い栗とサクサクのタルトが絶妙
¥550

chouchou3
苺のミルフィーユ
サクッとした香りの良いパイと甘酸っぱい苺の相性が抜群、数量限定。
¥550
季節のフルーツタルト
選んだ中で最も高いケーキ。良質なフルーツが盛り沢山。瑞々しさを味わいたい向きに....
¥680

chouchou2
ショコラ・ショコラ(手前)
フランボワーズの香りを偲ばせる シュシュ史上最も濃厚というチョコレートケーキ、数量限定。
¥650
ブルーベリータルト
プチプチ食感のブルーベリーを存分に愉しめる。レッドカラントもアクセント的に入り華を添える。
¥600


私は無類のスイーツ好きだし
決して少食ではないが、バイキングと云っても実際には食べられるケーキは上記6つが精一杯だった
 (これが普通の感覚で、おそらく皆さんも同様ではなかろうか)

その為
ここは 食べたいスイーツを異種ばかり先行選択するのが賢明と思う。(似たシフォン物ばかり先に選んでミルフィーユは後の楽しみに残す....とか言ってるとgive upしてしまう筈)

chouchou5

店内はしっとりと落ち着いた雰囲気のインテリアで統一されお洒落だし、珈琲はウエッジウッドのカップで出てくる柳井の商圏人口は岩国の2/5なのに、素晴らしい店があるものだ。

Aさひ製菓(K子乃季)系列店のケーキバイキングの中で最も高い価格設定なのでココを選んだ。
今回は「ケーキ総額¥3,530+アイス(ピュアストロベリー)+コーヒー」を堪能し ¥2,000だからかなりお得!。

県下に多店舗を有し 多種を売り抜ける量販力と商品開発力を持つAさひ製菓(K子乃季)の企業スケールだから出来るのであろう...
変化に富む商品構成に感嘆したし、山口県スイーツの素晴らしさを再認識した良い機会だった

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ