山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記です

2020年10月

Re:seto(リセト)

青い海を眺めながら、ゆっくりランチやを楽しみたい。
という訳で、周防大島町片添ヶ浜の「Re:seto」を訪ねた。
場所は片添ヶ浜の ホテルサンシャインサザンセトを沖家室島方面に進んだ
オートキャンプ場のすぐ先である。

白と黒を基調にしたシンプルでモダンな外観が特徴的

店内へ足を踏み入れると、スタイリッシュな空間が広がり
壁一面はガラス扉。その向こうには絶景が広がっていた。

広々したウッドデッキからは瀬戸内海が一望できるが
我々は予約時にテラス席を選んでいたので 青い海が眼前に!!
まるでリゾート地に訪れたような 申し分のないロケーション

パエリア 一人前1,500円(税別)で 2人前から注文出来る
焼き上がるのに20分を要するので 瀬戸内の島々や、行き交う船を眺め、
暫くは素敵な雰囲気と絶景を楽しむ。

re_seto

鉄板の上で焼き上がったパエリアが運ばれてきた、香ばしくて良い香り。
周防大島で採れた大きな「瀬戸貝」や有頭海老、イカ、アサリがごろごろ乗って
サフランと出汁の風味は薄めの分。魚介の旨味がたっぷり味わえる。(写真は2人前)

パエリア以外のメニューとしては グリルセットやサンドイッチ、鯛めしのセットもある。
我々は チキングリルを頼んでみた。
チキングリルは小ぶりのダッチオーブンに鶏と野菜が入っている。
食材を生かす薄味で 底味があってこれまた美味しい。
三種類のソースで野菜とパンを頂いてみた(写真参照)。

デザートとカフェメニューもあるので ランチタイムが終わっていたなら
こちらを頼むのも それはそれで愉しめるだろう。
車でしか行かれないこの店には ノンアルコールのカクテルがあるのも良い。

心地良い海風に吹かれながら、贅沢なひと時を過ごせた絶景カフェで 
心もリセット(Re:seto)出来たと感じる。是非また行きたいね。

最後に、駐車場は10台ほどのスペースしかなく、混雑時には停車できない事も考えられる為
やはり開店の11時に行くのが確実であろう。

にくバルパライソ

広島の本通りから鯉城通りを南側の袋町方面に歩いた所、
ステーキが安く食べられる「にくバルパライソ」へ。

肉バルだから出来るこの値段、希少部位のミスジステーキランチが 
平日限定で720円(税別)で愉しめる。ステーキはシングル110g。

paraiso

ご飯、スープ、コーヒーはセルフサービスでお替り自由なのも嬉しい。
まぁパイキングレストランみたいにスープは種類は無く 味噌汁だけだが...
広島都心で、安くステーキ食べて満腹になるなら絶好だと思う。

パライソとはスペイン語で楽園。
(余談だがバルパライソとは 南米チリの港町である)
店内も古い建物をそこそこお洒落に工夫してスペイン調にアレンジおり、やはり都会は違うね。

ステーキのサイズは選べるようになっており、
セミダブルが170gで908円(税別)。
ダブルが200gで1300円(税別)である。
私は初めてだったし お試しって事でシングルの110gの最安を食べた。

スタッフの若い皆さんの接遇も良く、800円足らずでステーキは楽しめるし大いに満足できた。

ドライブインみちしお

少し前に 山陽小野田市埴生の「花の海」に行った時に
昼食は すぐ近くのドライブインみちしおへ。
山口県西部の定番とされるドライブインレストランで、
ここの貝汁は美味い事で定評があって 昔から有名だよね。

色々な定食があるが ダイナミックなメニューが多く 全部貝汁が付く。
その中でも日替りの昼定食が1,000円である。それを二人で選んだ

michisio

写真の通り 刺身 天ぷら、サラダなどバラエティに富んだ内容だからお得だし
ご飯も大盛りにして貰える。
昼定食は50食限定で人気があるので 12時に行くと品切れと思っていた方が良い。

自慢の貝汁は ストレートなあさりの味噌汁で
身も大きく やはり美味だなと感じた。

それにしてもみちしおは、以前はもっと男性向けの大衆食堂って感じだったのに、
綺麗になった感じだな。(やはり貝汁の価格も上昇していたが...(^^;))

国道2号線の埴生周辺も現在はバイパス化して 旧2号線が191号線になっているが
下関へ下道で行った帰りに みちしおに寄っては貝汁を食べたものだ。
おまけに この辺(談合峠~小月)は山口県でガソリン価格が最も安く 給油もしてたんだよね。
隣には天然温泉やサウナもあるので 時間があればゆっくりしても良いかもしれない。

くいしんぼう

お昼ご飯は、国道2号線沿いの「くいしんぼう」を利用。
歴史ある店だが利用するのは実は初めてである。
ランチメニューは3種類あって 何れも平日は1,000円(消費税込)。

我々は
 A・若鶏クリームシチューと野菜コロッケ
 B・ハンバーグとエビフライ
   を注文。
これにはサラダとスープが付いており
さらにモッテケクーポン提示で珈琲も付く。

kuisinbou

何れも豊富な経験を感じる繊細な味わいで、他の客もランチを頼んでいた。
店内は、平成初頭のバブル期を思わせる懐かしい雰囲気もあるが、
私にはむしろその方が落ち着けた。

平日ながらお客はコンスタントに入っており、
満席のため諦めて退くお客さんも居て 人気のほどが窺えた。
玖珂地区も岩国市域西部の人口1万余の小さなエリアだが、なかなか侮れないと感じる。

創作屋おーぱす

岩国市役所近くの「創作屋おーぱす」でランチ。
いつも行こうと思ってたお店にようやく行けたのだ。

店内にメニューが無いので、入口の黒板のメニュー表から 1,500円のスペシャルセットを選ぶ。
スペシャルセットはメインを2品選べるのだ。

私はサーロインステーキ&ビーフシチューのセット
彼女は牛タン&ビーフシチューのセットをチョイス。そしてシェアして楽しむ。

opas

メニューは毎日仕入れによって変わるそうだが (その為店内にメニューは置いてない)、
お肉がお薦めらしく、店内は良い匂いが漂っている。
迷ったなら "本日のおすすめ" を頼んでもいいかもしれない。

私達の頼んだ1,500円のスペシャルランチ、
サーロインステーキは約150g、ビーフシチューも美味。
ランチはサラダ、スープ、ご飯が付いてボリューム充分。
それに セルフサービスだが コーヒーも飲める

マスターはフランス料理店を営まれた経験もあるようで味は本格的で最高。
こんな素晴らしい内容で 1,500円(消費税込)なんて嬉しくなってしまった。

平日でありながらコンスタントに客が入り、
カウンター席には常連客も居るようで 人気店である事が窺えた。
また是非行きたいね。
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ