山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

2019年08月

レストランサルビア

宇部に用事があったので、これは良い機会と、
ANAクラウンプラザホテル宇部のレストランサルビアでランチバイキングを愉しんだ。

ANAクラウンプラザホテル宇部は 1983年完成した宇部興産ビルにあり
建築批評界では丹下健三とよく比較された名建築家 村野藤吾の生前最後の作品とされるものだ。
レストランは一階に位置している。

ube_ana_salvia

夏休み期間はアジアンサマーエスニックフェアという事で、
カレーが4種類あったほか、
トムヤムクンスープ カオマンガイなど 名前は耳にした事はあっても
それを食べるのは初めてといった料理もあって
アジアの香り漂う旨辛なエスニック料理は 興味深く楽しめた。

カレーは個人的にはホテル特製カレーが一番口に合ったようだ。
スイーツはパティシエの手作り感が感じられ 好ましかった。

日曜日は1900円であったが、こちらのエリアでは
宇部全日空ホテル時代から 最も名が通っている高級ホテルだけに、
接客と雰囲気の良さがあり 落ち着ける。

また宇部は 街路の彫刻が素敵過ぎる街。
時間があれば周りを歩いて見る事をお勧めする。

旬菜厨房 奈のは

周南バイパス、徳山中央病院向かいのバイキングレストラン「奈のは」でランチ。
こちらは山口市や防府市など県央部を主体に展開するミホリ系列のレストランだが、
山口県産の素材を使用し、サラダが新鮮との口コミで 野菜好きの私は行ってみたかったのだ。

店内は明るい雰囲気にまとめられ、おかずやスイーツの種類も豊富である。

nanoha_tokuyama

旬菜厨房と銘打つだけに、旬の野菜が幅広い調理法で堪能出来るのは ここの美点といえるだろう。
個人的には ここの唐揚げが絶品だと思った。
またスタッフ数も多く、清潔感が保たれているのも良い。

料金の方は 1,650円で、平日も土日祭日も同料金であるが、後者は2時間の時間制限はある。
我々は日曜日の利用で 食べながら語らっていると2時間はあっという間であった。

このバイパス沿線は 昔からファミリーレストランが山口県屈指と言える程に林立する区域だが、
この店舗は女性客比率が高く なかなか善戦しているようだ。

動けなくなる程食べ過ぎたが、レイナイサベル無き今、徳山エリアで
バイキングといえば こちらが一番人気と感じた。

宇兵衛寿司・黒磯店

国道188号線沿いの宇兵衛寿司・黒磯店で、平日限定の昼定食(777円)を愉しんだ。
店の看板に 定食777円と明記されており かねてから気になっていたのだが
ようやく行く機会を得られたのだ。

平日限定の昼定食は2種あり、一つが今回紹介する「ジャンボ定食」。
もう一つは「うどん定食(うどん1玉と寿司6貫)」である。

uhei_kuroiso

ジャンボ定食は寿司11貫に赤だし付き。
これが777円(税込839円)だから かなりお得である。
旬の素材や定番モノまで 内容は日によって変わることもあるようだ。

食いしんぼうの我々は、ボリューム充分のゲソ天メガ盛りも注文した。
今なら通常900円が500円で食べられる。
ゲソ天は醤油と塩で食べたが、まぁ欲を言えばマヨネーズもあればと思った(^^)。

大手ではなく地場の回転寿司店だけに こだわりも感じられ
注文を受けてからのネタ切りをしていたり 一番良い状態で食べて貰うのを
コンセプトにしているようだ。平日ながら12時半には多くの席が埋まっていた。

店の前に広がる瀬戸内海を眺めながら、新鮮な旬の魚介を味わったが、大いに満足。
常連客も多く 人気があるのも頷けた。
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ