山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

2016年07月

SUZUCAFE グランドタワー

たまには都会でデート&ランチしようぜ って事で
広島のSUZUCAFE グランドタワー店でランチを摂った。

場所は、広島市中区上八丁堀 広島県立美術館の向かい
アーバンビューグランドタワーという 43階建てのビルの一階である。
ちなみにこのビルは(2016年7月の段階では)、広島一のノッポビルではある。

広島版六本木ヒルズともいえるスタイリッシュな高層ビル内の洒落た店で
上の階には 結構お高い飲食店なども存在しているのだが
SUZUCAFEはその中でも比較的カジュアルで 入りやすくそしてお洒落な店である。

店内は、DJブースが併設され 結婚式パーティーも出来そうなイメージの割に
(広島県立美術館や縮景園の向かいだけに) 美意識高い感じの空間設計、
お客の多くが若い女性だったのも頷ける。

suzukafe_kamihacyo

メニューを見て お得感の高い 1,250円の SUZU PLATE LUNCH (平日限定)を選択した。
メインの料理にサラダ、副菜を盛り合わせたスペシャルプレートである。これは3種の中から選ぶ事が出来、
 A…今月のお勧め肉プレート+スープ+ドリンクバー+自家製パンorライス
 B…今月のお勧め魚プレート+スープ+ドリンクバー+自家製パンorライス
 C…今月のお勧め野菜プレート+スープ+ドリンクバー+自家製パンorライス

私はA、連れはCを選択した。
ドリンクバーではアイスコーヒーを飲みながら 都会の空気の中で話も弾んだ。

今月の肉料理は 鶏もも肉のオーブン焼き ハニーマスタード
視覚的にも都会らしく彩り豊かであったが 味も洗練されて
限られた予算の中で精一杯の工夫があったように感じた。

連れが食べた季節の野菜のグリルは 生ハムも添えられており
私もこれを選んだらよかったかな?! と半分後悔しかけたのも事実である。
ランチはこの他にもパスタランチ、日替りビジネスランチもあった。

大人数のパーティーから、ランチやディナー、ティータイムなど
様々な用途で使えるお店だと思う。都会の店なのでデートにも好適だ。

後で知った事だが SUZUCAFEは東京や福岡など全国に8店舗あり
母体のコンプリートサークルという企業は創業20年ながら
飲食 ホテル、アパレル 店舗設計施工、ウエディング 美容など
様々なサービスを提供するグループだそうで、
これからどんなお店を出すのか 少し楽しみでもある。

剣研挑来

岩国にも名古屋めしが食べられる店が出来た!
その話を聞いて 行ってきたのが「剣研挑来(けんどちょうらい)」というお店である。

けんどちょうらい「捲土重来」の語源とは何だろうと思って 広辞苑を開いてみると
“一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して 巻き返すこと”との事。
オーナーは 料理の道でここ岩国で再起を図ろうと意気込んでいるのかなと思い 訪ねてみた。

場所は岩国駅前本通り商店街 YMCA岩国校の北側、安藤ビジネスホテルの1階である。
店内は白とベージュ基調で カウンターとテーブル席が奥に長く並ぶ
シンプルだが趣味の良い空間設計だ。

メニューを見ると 確かに名古屋めしが満載!
味噌カツ 手羽先の唐揚げ にんにくソースのトンテキ 天むす
小倉ハニートースト シロノワール風スイーツなど...
迷わず好物の 鰻の櫃まぶしを選択した。

kendocyourai

鰻の櫃まぶしは3通りの愉しみ方が出来る 最初に三等分して
1杯目はそのままの鰻丼で食べ 2杯目は薬味を入れて、3杯目はお茶漬けにして愉しむ

●1杯目はそのままの鰻丼
 ひと口食べた瞬間、こってりしたタレの甘辛いコク そして香ばしさ!
 うなぎは細く刻まれていながらも、ふんわりとした柔らかさが保たれている。
●2杯目は薬味で味わう
 ネギ、わさび、海苔を上から載せた。
 薬味の風味が鼻腔をくすぐって上品な味わいを醸し出す!
●3杯目はお茶漬け。
 香りなを控えた薄いダシで さらさらとかき込めるさっぱりした口当たりが
 締めにふさわしい。

鰻の櫃まぶしは 私は名古屋の有名店で食べてから知ったのだが
そこでは初心者向けに 店内に食べ方の説明が明示されていた。
このお店でも メニューにそうした説明が書き添えてあれば良いかもしれない。

名古屋めしを謳っているものの、地域貢献を視野に入れて
食材は地元食材を調達しているとの事、やはりそれは安全で安心だ。
また機会があれば このお店で他の名古屋名物を愉しみに行きたいと思う。

杏's (アンズ)

山口県の各市には 一軒くらいは、
“野菜ソムリエがいる店”とか“管理栄養士がメニューを監修”といった
ウリになる何かを有する店があるものだが、
下松市の杏's は、野菜ソムリエがいる店である。

野菜を使った身体に優しい季節料理が 女性に人気を博していると知り
  彼女とランチに立ち寄ってみた。
場所は下松市北斗町、下松駅北口から徒歩3分位だろうか。

店内は、黒を基調にしたシックで落ちついた雰囲気。
カウンターとテーブル席だけでなく 座敷席もあるが違和感はない。

anzu_kudamatu

サラダが最初に出てくる。これはおかわり自由でドレッシングも自家製。
メインは、小鉢と一緒に大きなお盆に乗って運ばれてきた。
食べてみると、何れも濃すぎず薄すぎず上品な味付けで
旬の野菜をふんだんに使った、身体に優しい献立だなといった印象。

ランチに関していえば 栄養士が馴染みのある旬の素材を バランスよくセットにしているから
こってり過ぎる or あっさり過ぎる という感じは無いし
視覚的な彩りに関しても 精一杯の範囲で工夫しているのだろう。

小鉢はそれぞれ量は少なめなので、女性向けの店だと思う。
サラダとご飯のおかわりが出来るという事を加味すれば
デートにも最適なお店だと感じた。

HANAHANA (やまぐちフラワーランド内)

柳井市内でお洒落な雰囲気で バイキングを愉しみたい...
そうした希望に「なかなか無いよね 柳井でバイキングなんて」と回答していたものだったが
よく考えてみると やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」で
それが出来る事を思い出して 早速行ってみた。

やまぐちフラワーランド内の「HANAHANA」は 千鳥系列のお店
周防大島や光に系列店があるが ここならば味に定評もある。

フラワーランド内なら入場料を500円払わないと...と思われるかもしれないが
食事だけであれば正面入口のインターフォンを押せば レストランスタッフの誘導で
レストランのみの利用が入場料無しで可能だ。

ロハス調をイメージしたとされるアースカラーの店内は明るくてモダン そして清潔である。
席と席との距離が若干近い感もあるも 
ファミレスやファーストフード店のように 声の大きな女子高生などが居る訳ではないので
雰囲気は悪くない。

hanahana_chidori

メニューは ピザセット、パスタセット、釜めしセットがあり
セット内容に前菜、プチバイキング、セットドリンクが付いてくる
各コースに+300円で パイ包みスープも楽しめる。
私達はパスタセットを頼んだ。

前菜は一つの皿に4つの小さな料理が並び 盛り付けも丁寧でお洒落。
パスタはいつものように相方と 和風とクリーム系と違う物をシェアして愉しんだが、
素材に頼り切らずにしっかりした味を 双方ともに出しているといった感じ。

ビュッフェもプチバイキングとはいえ パンやスープ カレーなどが食べ放題!
パンは柳井の同じ千鳥系列の「グランマ」のもので、パンを温めるトースターも用意され嬉しい。

デザートはアイスクリームやケーキ、ムース、プリン タルトなどの中から
三種類が皿に盛られ 二人で行くと少しづつ異なる内容になっている。
デザートは彩り豊かでありながら甘さも控えめで 充分に満腹になった。
これだけの値段でこれだけの内容なら申し分ない。

店内の窓からフラワーランドの花が見られるという訳ではないので
デートならば やまぐちフラワーランドと併せて 是非観て欲しいと思う。
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ