山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

2016年02月

里山カフェBerryBerry

田布施の「里山カフェBerryBerry」に行ってきた。
場所は、平生から国道188号線を光方面に進むと 田布施の大島商会というデカい中古車屋があるが
そこからすぐ(400Mほど)光方面に進んだ麻里府交差点を右折し 山の方に約1㎞である。
(麻里府交差点にお店の看板あり)

何の変哲もない田布施の山里に 素敵なログハウスが建っている。
暖かくなればテラス席での食事も出来るようだが、中に入る。
店内はカントリー風で、15名くらい入れる感じである。

berybery_tabuse

パスタとピザが美味い店と聞いたので
私が「なすびときのこの和風醤油パスタ」、連れは「きのことホタテクリームのパスタ」を選択した。
ランチ時間帯でもあったし これにサラダとシフォンケーキ+水出し珈琲を付けて
パスタセットでの注文とした。双方ともに1,100円である。

これを二人がシェアしながら頂いたが
きのことホタテクリームの方は クリーミーで比較的濃厚ながら なぜかそれが口に合う
なすびときのこの和風醤油の方は スパイスが程よく効いて 良い感じのアクセントになっている
そんな印象を受けた。パスタに限っては 沢山食べられる方には大盛りも出来るとの事。

そして食後に御主人手作りのシフォンケーキと 美味しい珈琲。
大きなサイフォンが目についたので聞いてみると
このお店の特徴が 大きなサイフォンで入れる水出し珈琲(森のコーヒー)との事
水出し珈琲は 酸味や苦みが少ない スッキリと飲みやすいコーヒーであった。
使用する豆も 試行錯誤の中から選び抜いたようである

御主人がJRを退職して始めたお店ということで
ログハウスも 店主と大工さんが共同で手作りした話などを聞かせてくれた。
店内はジャズのレコード 音響機器なども置かれており
そういう趣味がある人なら 同好の士として愉しい時間が過ごせるかもしれない。

ログハウスの暖かさとアットホーム感満載のお店なので
のんびり田舎の空気を味わいたいなら 行ってみられてはと思う。

吉山ビュッフェ

久々に 広島市中心部篇でのバイキングである。

中国地方の雄都広島は ランチバイキングでもさすがに数多くの選択肢があるが
新鮮な野菜がふんだんに摂れて しかも比較的リーズナブルとなれば
筆頭に挙げられるのが こちらの「吉山ビュッフェ」であろうか

「吉山ビュッフェ」 場所は紙屋町・サンモール裏手(西側)の
広島県民文化センター(鯉城会館)の地階にある。
鯉城会館の地階であるが 静かで 採光は届くし
窓の外には噴水も見えるので開放感は感じられる。

この日は アステールプラザで 劇団四季のミュージカルがあったので
開演時間に間に合わせるべく 開店時間の11:30に予約して行った。
開店前から店の前には かなりの人が待っており 予約した方が確実だと思う。

yoshiyama_buffet

ここは「出来る限り広島近郊の食材を生かした地産地活のお食事を」と銘打つだけに
野菜を中心とした 新鮮&ヘルシーな料理16~20種類を バイキング形式で愉しめる店だ
これに、ご飯、味噌汁、サラダバー、コーヒー、お茶が付くランチブッフェが何と1,080円、
これにもう200円出せば デザートビュッフェにも出来る!。

吉山という名称は コックさんの名前ではなく(^^;)
  広島市安佐南区吉山にある 吉山農園の野菜を中心に新鮮で美味しい料理を...
との思いから 生まれたようだ。
トマトは美味いし ニンジンも甘いし 頻繁に行ける近くの人が羨ましい!

メニューも ビタミンピクルス、トマトのコンポート、小いわしの洋風南蛮漬、
揚げだし豆腐、かぼちゃの煮付け、豚肉のキャラメリゼ、鶏肉とポテトのガーリックソテーなど
多彩であるし、天ぷらやかき揚げなどを目の前でドンドン揚げてくれる。
野菜自体には珍しさはなくとも 調理方法や旬の食材の味に関しては絶妙だ。

ライスは「ひのひかり」を使用している。パエリア、うどん ちらし寿司もある。
また、吉山ビュッフェオリジナルのドレッシング(これがまた美味い)も販売されている

後ろの壁には 吉山農園の農作業の様子をプロジェクターで映していたが
吉山農園の生野菜は新鮮で本当に絶品だった。
肉は少ないが ヘルシー志向の身には値段 内容とも申し分なく
また是非行きたいと思った店であった。

余談だが 劇団四季のミュージカルも素晴らしかったぜ!

gekidansiki

実はこんな51歳のオッさんが このブログを発信しおるんちゃ~ (^^) 宜しく!
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ