たまには 美味いラーメンを食べてみないか と云う事で
今日のデートは 下松市の中華そば店「紅蘭」に行ってみた。

山口県東部でラーメンが美味いのが 意外なことに下松市。
牛骨中華そばは 下松ラーメンの定番的存在となっている。
最も名が通っているのが 創業昭和27年という元祖的な存在の「紅蘭」で
有名繁盛店らしく 日祭日の昼は結構行列ができていたりして驚く。

kohran
私はチャーシュー麺(並)彼女は中華そば(並)。

チャーシュー麺は、モモ肉チャーシューが放射状に置かれ、
更に中央に敷き詰められて贅沢に味わえる。
スープは半透明の醤油色で、表面に溶けた脂が薄く浮かぶ
牛骨に醤油ダレが程よく絡み ほんのりした甘さのあるクセのない上品な仕上がり。

すき焼きのような味とも言っている人もいるが、
かつてはもう少し味が濃いめだったようで
テーブルには「濃い口スープ」が置かれ
かつての味がお好みに人には調整できるようになっていた。

紅蘭ほか 下松ラーメンの多くは下松市の武居製麺の麺を使っているようだ。

場所は下松駅南口 かつて商店街のアーケードがあった通りである。