岩国~広島間でバイキングといえば、皆さんは何処がお気に入りだろうか?

私がコストパフォーマンスが最も高いと感じる店が
廿日市市木材港・安田金属(株)の3階にある「ルポ」という店である。

安田金属(株)の3階という事からイメージされるように 元々は安田金属(株)の社員食堂だったが、
2006年10月に新社屋が完成した時 この近辺には飲食店が少ない事や
  周辺地域の人に会社を知って欲しいとの意図で 一般開放されるようになったとの事。
民間企業の食堂が一般人に開放されているので、タニタ食堂みたいだし
概してこういう店は 利益よりも職員の福利優先なので 値段が手頃な事も好ましい。

店の入口の食券販売機で 最初に食券を購入してから入店するシステムで
バイキングは大人830円 小学生700円 幼児(4歳以上)400円
時間制限は1時間以内。
飲み物はドリンクバーで12種類が飲み放題!

REPOS
この日 私が選んだのは
  チキンとジャガイモ ガーリックソテー
  牛ミンチと茄子はさみ揚げ
  豆腐の味噌チーズ焼き
  チキンカレーのクリーム煮
  揚げ麺あんかけ
  鯖番味焼き
  ハッシュドブランポテト
  豚肉もやし冷しシャブ
  大根煮
  こんにゃくピリ辛煮
  高野豆腐 出し巻玉子 煮玉子
  サラダバー
  デザート杏仁豆腐
ごはんは白米と菜めしがあった。食材は地元産のものをなるべく使用しているようである。
その他に そうめんもあったが さすがに腹に入らないと感じて断念。

野菜を中心とした家庭料理が約30種類も並び、栄養バランスがとれた食事が出来ると思う。
価格が安い割に 子供が食べられる物も豊富で 家族で利用しやすいと感じた。

この内容の自然派野菜のバイキングなら 普通1,500円はするだろう。
この値段でまあまあ何でも美味しいし。由宇のカッペ(笑)の胃袋は存分に満たされた。

店名のルポとは フランス語で憩いといった意味。
カウンター席もあるので、一人でも楽しめる。
社員が食事するエリアは衝立で仕切られているので 気兼ねをせずに食事が出来る。

店員の挨拶や案内も良く スピーディーに色々な料理を出しているのも美点といえよう。
日によってはヨーグルトがある日、パンがある日もあるので 次回の機会に試してみたいナ。

店休日は安田金属に準ずるとの事だが 基本的に日曜、祝日。
社員食堂という事もあり営業時間が3時間と短く 13時30分がラストオーダーで
以降は新たな料理を出さないようなので 出来れば11時30迄に行くのが得策だと思う。

バイキング以外にも、日替り定食や中華そば、うどんなども楽しめる。

木材港だけに 周囲は木材の工場ほか各企業が立ち並ぶ
周辺にファインズやカルビーの工場、ナフコのホームセンターがあり
さらに今後は ゆめタウン廿日市も進出するとか....。

場所は廿日市市木材港北4-60 (駐車場はすぐ横にあり) 
GoogleMapか食べログでMAPの確認を.....。