山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

2012年09月

鮮味食彩 宇佐川水産

「たまには魚を食べようやー」という事で 徳山へランチしに行った。

かなり前にマイミク氏からお薦めだと言われてた「鮮味食彩宇佐川水産」に
遅ればせながら行ってみる事にした。
場所は銀南街アーケード(一番街)を北に出た所。

usagawasuisan

昼はランチのみとなっており 魚定食と海鮮丼からの2択となる。
どちらも1,000円で 私は魚定食 連れは海鮮丼をチョイス。
(前日までに予約すれば、コーヒーもサービスで付くとの事)

魚定食は かなりの人気である事が頷ける内容とボリューム!
メインが3品(煮物、刺身、揚げ物)もあって 椀物、茶碗蒸し 小鉢、ご飯で1,000円。
一方、海鮮丼も 椀物、茶碗蒸し 小鉢が付いてこの内容(写真最下段参照)

刺身は しっかり身が締まっており 水っぽくないし
季節に合ったそれぞれのおかずが似通うことなく楽しませてくれる。白飯もふっくらして美味しく 
全般的に 料理として真っ当な仕事してある味付けが 素晴らしいと感じた。

名前の通りに 鮮魚店直営・新鮮な海鮮料理がウリの店で、
特に昼のランチは 魚を存分に食べたい人には コストパフォーマンスも高く お薦め。
私達が行った時間は12時直前だったが
開店から30分も経つと 何れかが品切れと言われる事もあると思うので 
お早めに行かれる事をお勧めしたい。

台湾料理 福龍閣

岩国市保津町の国道188号線沿いに最近オープンした中華料理屋「台湾料理 福龍閣」に行った。

中華ならお任せあれといった感じで コース料理、定食、セット、海鮮料理、点心、丼物、
鉄板・土鍋料理、特別料理(アワビ、フカヒレ、北京ダック)など選択肢が広い。 

fukuryukaku

中華料理といえばコッテリというイメージがあるが 酷暑で身体がスタミナを欲する時期。
野菜と肉が充分に摂れて 私が好きなメニューが“回鍋肉”である。
それと台湾炒飯を頼んでみた。

回鍋肉は コクのある甘さ、唐辛子のほのかな辛味が、豚肉とキャベツの甘味を引き立てている。
ずいぶん量が多いのでこの1品だけで満足出来る。

台湾炒飯は味付けもしっかりおり 味の濃い方が良い人には好まれよう。
チャーハン(やきめし、ピラフ)は 中華料理屋で食べるのが 一番美味しいと感じるが
そもそも火力が違うし、味覇(ウェイパー)かオイスターソースを使い 味に奥行きが増すのだろう。
素人にはなかなか真似できないと感じる。

接客は中国系の方が日本語を駆使して配膳などしていたが 
以前バーミヤン(広島から全面撤退したが)でもそうしたケースに遭遇した事もあり、
最近は中国人にとってこうした所が就業箇所として大きな存在になっているのだろうか。

個人的には お手頃な価格で中華が愉しめるので また行きたいと思ったが
強いていえば メニュー毎にカロリーが記載されていればもっと良いかも...。

大衆食堂半田屋

息子と 広島市中心部に買物に行った。
19歳(食べ盛り世代)の腹を充たす昼食が摂れる コストパフォーマンスの高い店....をと考えて
「大衆食堂半田屋 紙屋町店」に行った。

この店はカフェテリア方式で 
予め並べられている何種類かのジュース,サラダ,肉・魚料理,野菜,デザート等から
好みの料理を盆に取ったり、カウンター越しに料理をよそって貰い
最後にレジで精算するシステムである。
給仕する人件費が不要なのでメニューも安価である。

店の入口には 今お得な目玉商品、お薦めメニューが掲示されている
私は「ロースカツ丼380円!」 息子は「ハヤシライス250円!」 のアドで目が点になり(爆)
思わず引き寄せられてしまった。

handaya
セルフサービスのカフェテリア方式と聞いて
学食みたいな白基調の店内といったイメージ を想像される方も少なくなかろう.....
が、内外装にレンガや木を使い ソファー型ボックス席を多用し
お洒落なファミリーレストランの雰囲気を出している。女性客も決して少なくない。

私が食べたのが ロースカツ丼(380円)+餃子(100円)+小サラダ(80円)=560円
息子が食べたのが ハヤシライス(250円)+大サラダ(160円)+天ぷら(270円)=680円
この内容が二人分で1,240円、コストパフォーマンスが素晴らしい。

ロースカツ丼は 勿論カリッと揚がった衣とフンワリした卵なんて期待してはいけないが
貧乏舌の私(苦笑)には 充分に満足出来るものであった。

ドレッシング等は カウンターに皿を持って行って 自分で掛ける仕組みである
レンジがあるので 冷めてしまっている作り置きのおかずを温める事も出来る。

固定メニューが多いが、時おり新メニューが誕生するなどメニューに多少の変化もある。
「商品ケースからおかず類を直接自分で選んでいくのもたまには新鮮で楽しい」とは息子の弁。
ご飯の量も4種類の中から自分で選択出来る。

味に関しては 値段相応のメニューもあれば 値段以上のも有りといった所か....。
特に美味い!という物は無いかもしれないが、価格を考えると満足出来ると云える。
ここに求めるものは味や質ではないことにご注意(^^)
(個人的にお薦めは「とん汁」で 具材が沢山入っていて安い)

メニューが豊富で 早い、安い、店の雰囲気も悪くない、従業員の接客も良い、
紙屋町店は中心商業地に立地している(広島市内には3店舗有)のが 最大の利点と云える。
広島都心に出ると服が欲しくなるが(^^) 食に掛かるコストをこうした店で抑えて
洋服や趣味用品を購入するのが 私たち親子なのである(笑)。 

場所は 広島市中区紙屋町1-4-3(紙屋町交差点の南東方角) 
半田屋がある通りは 広島でも私が気に入っているエリアで
半田屋が出来るまで無印良品があった(隣には以前はJ.CREWがあって 服もよく買ってた)
対面にアカデミイ書店という古本屋もある。(一本東に進めばぶんろ書店という古本屋もアリ)
北側の相生通りに進んだ所には ビルの地階に模型屋もある。 

24時間営業なので 遠方から夜行バスで 広島バスセンターに着いて直ぐに行けるのも利点。

グラン・ジュテ

柳井市伊陸(いかちと読み 玖珂ICと柳井市街の中間に位置) 県道70号沿いの長閑な水田地帯にある
カフェテリア「グラン・ジュテ」のランチが食べたくて 行ってみた。
以前から行こうと思っていたが 人気店で常に駐車場が満車状態だったので 今回は早めに出発した次第。

店の外観は今風でお洒落。 
白を基調とした明るい店内は お洒落なカントリー雑貨が飾られ  
窓から見える一面の田園風景に心癒される。
女性客が多かった。
grandjete

メニューは定食屋をお洒落にした感じで 昼時はランチからの選択となる。
前菜(バイキング形式)+メイン(5種類あったが、11時半時点で選べたのは3種)+ご飯+味噌汁
野菜を沢山食べられて1,000円だから安い!。

これにドリンクとミニケーキが付いたものが1,200円
さらにスイーツが付いたもので1,400円となっている(2012/9現在)

私はメインに「手作りコロッケと鶏の唐揚げ」、
連れは「白身魚の中華あんかけ」を選択した。
コロッケはさくさく、唐揚げもしっかり目の味付けで きっちり作られた家庭料理といった印象....。

前菜はバイキング形式で サラダだけでなく惣菜も色々選べる。
ご飯は自家製伊陸米をガス釜で炊き上げているとの事、さすがに美味い。


この店で最も印象的なのが 素敵なカフェの雰囲気とは似つかわない楽しい親父さん!
方言丸出しで大変フレンドリーに接してくれるからか 地元の年輩のお客も多かった。
自営の飲食店だけに楽しい冗談も飛び出して 親戚宅で和んでいる気分になれる。


11時~18時の営業で 火水曜日が休み。
ランチは食材が無くなった時点で終わりである 
(以前 15時頃に行った時には喫茶メニューの中からの選択となった)
11時半の時点でも駐車場が一杯だったので 早めに行かれる事をお勧め。

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ