米軍基地の町 岩国には、基地正門通りにアメリカ人相手の外人バーが点在している。
ランチが愉しめる店の中から「Cusco cafe」で南米料理を味わった。

cuscocafe2

米国はやはりラテンアメリカとも繋がりが深いのか、
或いは 美味い物は ラテンアメリカ由来のものと感じているのだろうか
パエリア、ケサディージャ、フェジョアダ、メキシカンサラダなどがメニューに掲載されている。

ランチメニューは11種、何れも$10で邦貨で¥1000。
メニューの中から SECO DE CARNE (STEED BEEF) 「牛肉のペルー風煮込み ライス付」を頼んだ。

cuscocafe1

アメリカ人を主な顧客とするだけに、多少はアレンジされているのだろうか
ペルー料理といっても違和感を感じる事はなく美味しく味わえた。
サラダにドリンク付き。

岩国に居ながらにして 珍しい料理で舌も大満足。

cuscocafe3

店内は 長くアメリカ人に愛好された雰囲気が残り
ビリヤード台もあるし、異国情緒は充分に感じられる。
写真を撮影しても 充分に絵になるのだ。

店先の看板や、隣の中古車店のドル表示など見ると ここは米国かと思えて来るのも面白い。
スカジャンを売ってた印僑系の洋服屋は殆ど姿を消したが、刺繍屋や質屋は今も通りに残る。

基地の町岩国、グルメを愉しみながらの小さな旅... 皆さんも如何だろうか⁈。