最近は外食となるとボリュームがある洋食一辺倒だったので、
周南・下松方面に出向く際は和食を選んでみた。

フリーペーパーmottekeを見ると、行った事の無い和食工房が掲載されており、
訪ねたのが「和食工房にしだ」である。
場所は下松市古川町 下松駅北口を光市寄りに約300mの位置に有る。

板前歴45年という長い経験を持つ職人さんが調理する店だけに、
メニューは多彩で 下松名物の笠戸ひらめを用いたメニューもある。

nishida

ランチタイムには西京焼き御膳と松花堂がいずれも1,080円とお得に愉しめるので それを注文。
西京焼き御膳は小鉢、煮物、サラダ、茶碗蒸し、鮭と鰆の西京焼き、ご飯、汁物が付く。
自家製の味噌に漬けて香ばしくふっくらと焼き上げた西京焼きは にしだの名物との事だ。

全体的に薄めで上品な味わいで、純和風でシックな佇まいも相俟って、
落ち着いて食事が愉しめた。mottekeクーポンで食後の珈琲も付く。

駐車場は店の前に有るが、それほど台数を多く停められないので、
乗り合わせて行くか早めに行くのが得策であろう。
下松駅北口は他にも、杏s、天ぷら小桜など和食の美味い店は皆行ったが、
いずれも甲乙つけ難く 近くの方が羨ましいよね。