山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記です

Information

●当ブログについて

当ブログは 山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記です。
管理・運営の手数を最小限にする為に ブログ型式で発信しております。
コメント欄、トラックバック欄は設定しておりません
相互リンク、メールも 申し訳ないのですが 受け付けておりません


●ブログのご利用に当って

当ブログは公共サイトや公式サイトではありません。
山口広島の食の魅力を紹介したいと考えた制作者が「個人の趣味」で運営しています。

グルメ情報誌等とは一切無関係ですし、紹介している各飲食店等とも無関係です。
当ブログは個人運営の為、制作者の興味関心に基づき、情報の取捨選択をしています。
その為、制作者の関心度が高くない情報は掲載しておりません

また掲載している内容は、制作者個人の主観や独自の解釈が含まれており、
それらは決して公式情報ではありません。


当サイトの画像については、様々な接続環境においても速やかに表示されるよう、
基本的には「軽く」(データ量を小さく) することを優先して製作しています。
大半の画像は300KB以下に抑えており 画質は多少劣りますが、
スムーズにご覧頂けるよう努力しております。


●おことわりとお願い

当ブログに掲載した内容は、制作者が信頼できると判断した情報を元に、正確に記すよう努めております。
しかし、情報はあくまでも取材時点における「食の日記」であり、
その後の情勢変化等により、閉店したり 休業日が変更になるなど
実情と異なってくることも起こり得るため、
その正確性、完全性や有用性等の保証はいたしかねます。
その旨を承知の上で 念の為に公式サイトで確証する事なども行って ご利用ください。


当サイトをご覧になられた方が、掲載の情報を参考に下した判断や起こした行動で、
いかなる結果や損害が発生しても、当サイトでは一切の責任を負いません。
また、理由の如何を問わず、その種のクレームはお受けいたしません。

掲載内容は予告なく変更や削除することがあります。
また変更・削除した過去の情報は保存しておりません。


●制作者プロフィールについて

以前は 当方が制作する他サイト、ツイッター、インスタグラム等 併せて掲載していましたが
コロナ渦以降に“個の侵害を受ける”事があった為に 非公開とさせて頂きます


今回皆さまにご紹介した 食の情報は気に入って頂けましたでしょうか....。
今後もより良い情報を掲載出来るよう 出来る限りの事をさせて戴きますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

呉ハイカラ食堂

旧海軍、そして海上自衛隊と造船の町としての歴史を持つ呉は、名物グルメも存在している。

大和ミュージアム近くの「呉ハイカラ食堂」は、
昭和の高度成⻑期の懐かしい雰囲気を感じられるレストランだ。

メニューは ご当地定食の海軍定食があったり、海上自衛隊カレーなど 呉グルメを堪能出来る。
肉じゃがは呉が発祥(東郷平八郎さんが呉で初めて作らせた)とも云われ、
店内のスタッフも海上自衛隊の白いユニフォームを着用。店の内装も潜水艦の艦内っぽい。

kure_teppan
海自テッパンカレーがお薦め。
  メインのカレーは 2種類から選べる
   ・そうりゅうカレー まろやかでコクがあるカレー
   ・潜水艦カレー   甘くて辛い不思議なカレー
     (二人で行ってシェアして食べるのも一興。)
数量限定なので早めに行くのが得策!。

 ・鉄板プレートは 昔の給食スタイルの鉄板容器で 水上艦で使用している物と同じ

 ・鯨カツは 戦艦霧島で考案された昔懐かしい 鯨肉のカツレツ
   (海軍グルメの中の一つ)

 ・元祖!肉じゃがは 東郷平八郎さんが 呉で初めて作られたと言われている和風ビーフシチュー

 ・牛乳
    海上自衛隊では カレーには必ず牛乳が付く

 ・愚直タレ(鯨カツのソース)
    海上自衛隊呉地方隊、池太郎海将発案のオリジナルソースで
    池太郎海将の指導方針「愚直たれ」を周知徹底されるために考案された基地オリジナルのたれ

海自カレーは 2つの味を堪能したが いずれも甲乙つけ難い程 美味かった! 
日の丸じゃなくて旭日旗が呉らしいが
まぁ中韓両国民には大日本帝国を思わせ大不評であろう(^^;)

お店は 呉駅南口の大和ミュージアムの対面に位置し 呉港にも至近である。
呉自衛隊グッズやお土産物の売店や酒店も同じフロアにあり 
観光客需要も多いと見え かなり賑わっていた。

呉らしさを感じる為に立ち寄るには 好適なレストランといえる。

たまごっちゃ

柳井市大畠に たまごがけご飯専門店「たまごっちゃ」が
半月前に出来たと聞き 行ってみた。

場所は 柳井市神代殿畑。
大畠と日積の中間の国道437号線
岩尾の滝トンネルを上がって1km弱の場所(ギリギリ旧大畠町域)。

tamagoccya

たまごっちゃセットを注文。
伊陸産コシヒカリ、長州鶏もも唐揚げ、山口県郷土料理けんちょう、新鮮平飼いたまご。
たまごがけご飯、トッピングにしそ昆布を選び、
醤油は地元柳井の佐川醤油のぶちええじゃん(昆布だし)をチョイスしてみた。
もう旨すぎる!

私が行った時には生憎 烏骨鶏が品切れだったが....
卵が新鮮で美味しいし、中四国9県の醤油を取り揃えていて、かける醤油で味わいも変わる。

店内には柳井のお土産も売ってある。

柳井市神代3302-2
8時から15時半迄の営業で 木曜日休み。

ダイニングバー・リーガトップ

中国地方の雄都広島。
私の住む町から最も身近な政令市でありながら、
これまでに街を見下ろした事が無かったので
展望を愉しめるレストランで食べる機会を作り 訪ねてみた。

広島市内には近年 高層ビルが増えてきているが
最も中心に位置しているのが リーガロイヤルホテル広島である。
1994年に誕生し 高さは150m 広島市内で初めて地上35階を有する高層建築となった。

紙屋町交差点から北に直ぐ、広島県庁の向かい側。
広島そごう バスセンター パせーラ広島の商業施設に近接し
まさに広島の核心といえよう。

リーガロイヤルホテル広島33階、リーガトップでランチ。
120万都市・広島市街を一望出来る絶景は素晴らしい。

rihgatop01

我々は予約して8/21に訪ねたが 当日は
前菜は
魚介類と夏野菜のブイヤベース風ジュレ、
広島県産虹鱒のスモーク 野菜のグリルのマリネを選び、

メインは
鶏もも肉の赤ワイン煮 マッシュポテト添え、
スペイン産栗豚ロース肉のロティ タスマニアマスタード風味の赤ワインソース
を選んだ。

前菜とメインを愉しんだ後は、20種類のスイーツビュッフェというランチ。
取りに行かなくともオーダー用タブレットからポチッとすれば良いので
食べたいだけ食べたけど... また肥るなぁ〜。

rihgatop02

我々山口県東部のカッペ(田舎モン)には、
33階の高層ビルから街を観ながらランチというのは、
非日常の体験を味わえる事が出来た。

最近は ランチを利用すれば3500円程度で愉しめる嬉しい時代。
レストランなので 他の客も居らっしゃるので
写真撮影は 空気を読んで(^^;)
ランチタイムが終わる14時半 他の客が帰りだす頃を見計らって行った(笑)。

広島市には 市街地を望むタワーやテレビ塔、市庁舎 県庁舎などが無いので
こうしたレストランを利用するしか無いが 此処はお薦めである。

ここは時間無制限だったのも美点といえよう。

Cusco cafe

米軍基地の町 岩国には、基地正門通りにアメリカ人相手の外人バーが点在している。
ランチが愉しめる店の中から「Cusco cafe」で南米料理を味わった。

cuscocafe2

米国はやはりラテンアメリカとも繋がりが深いのか、
或いは 美味い物は ラテンアメリカ由来のものと感じているのだろうか
パエリア、ケサディージャ、フェジョアダ、メキシカンサラダなどがメニューに掲載されている。

ランチメニューは11種、何れも$10で邦貨で¥1000。
メニューの中から SECO DE CARNE (STEED BEEF) 「牛肉のペルー風煮込み ライス付」を頼んだ。

cuscocafe1

アメリカ人を主な顧客とするだけに、多少はアレンジされているのだろうか
ペルー料理といっても違和感を感じる事はなく美味しく味わえた。
サラダにドリンク付き。

岩国に居ながらにして 珍しい料理で舌も大満足。

cuscocafe3

店内は 長くアメリカ人に愛好された雰囲気が残り
ビリヤード台もあるし、異国情緒は充分に感じられる。
写真を撮影しても 充分に絵になるのだ。

店先の看板や、隣の中古車店のドル表示など見ると ここは米国かと思えて来るのも面白い。
スカジャンを売ってた印僑系の洋服屋は殆ど姿を消したが、刺繍屋や質屋は今も通りに残る。

基地の町岩国、グルメを愉しみながらの小さな旅... 皆さんも如何だろうか⁈。
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ