山口・広島でランチ

山口県東部から広島県西部のランチ食べ歩き日記なんちゃ。
貧乏舌のくせに知ったげに 写真中心にお届けするけえの~。

銀座喜いち

息子の24歳の誕生日のお祝いを兼ねて、岩国駅前の「銀座喜いち」にステーキを食べに連れて行った。

岩国駅前には最近になって お昼にステーキを提供する店が増えてきたが
(四季、RUSH、ルコワン、そしてここ銀座喜いち)
「ランチタイムに行くと 最もステーキが安く食べられる」と聞いて この店を選んだ。

店の場所は岩国駅前広場に面し、寿栄広ラーメンの横(西側)で 駅東口とを結ぶ地下道入口そばだ。
岩国駅前だけに交通は至便。呑んだ後の帰りにも絶好だ。

昭和時代の洋食屋を彷彿させる店内は、妙に垢抜け過ぎず 私には落ち着けた。
席は50席あるので飲み会にも適するが 座敷等は無いようだ。

kiichi

ステーキセットは100g(ライス、味噌汁付)が700円
200gが1,120円、250gが1,240円、300gが1,360円 (全て税抜き)
焼き方がレア、ミディアム、ウエルダンと指定出来るし
好みによって 生ニンニクやニンニクチップを付けてもらえる。

息子の24歳誕生日のお祝いという事もあって、迷わず300gの一番大きなステーキを注文した。
300gなので ボリュームはなかなかのもの。
息子はペロリとたいらげたが 52歳の私にはこれが限度だった(^^)。
焼き加減はミディアムで頼んだが、肉質も柔らかく 脂身もひたすら美味しい。
ステーキソースなど無くとも 塩と胡椒だけで充分であろう。

息子と二人で...「ここの300gのデカいステーキ美味かったナ〜😋。」

ランチタイムだと1,360円と激安 (大都会によくある立食いステーキ系列並み) で、
mottekeクーポンで付いてきた食後のコーヒーも美味かったし、また行こうと思う。
日曜日が店休日で、ステーキが安く食べられるランチタイムは月~土曜日まであるようだ。

レストランシーホース

周南市の洋食の人気店「レストランシーホース」に行った。
海が一望できるレストランという触れ込みで
周南市栗屋奈切(太華山の麓)の海岸沿いに位置している。

徳山といえば石油化学コンビナートの街というイメージで 景色が綺麗なの?
と思われるかもしれないが ここは工業地帯からやや離れており 美しい景色が楽しめる。

予約して店に行くとフロントの方が丁寧に対応してくれ 2階のレストランに案内され、
海の見晴らしのよい座席がリザーブされていた。

ランチメニューは 旬の素材を生かした 彩り鮮やかな シェフおまかせの月替わりコースとなっている。
魚コースは2,000円 肉コースが2,500円 フルコースが3,000円である。
せっかく予約して 一張羅のカシミヤジャケット着てお洒落もして来たのだから(^^)
迷わずフルコースを選択した。

seahorse

内容は 前菜→季節のスープ→パン2種→本日のお魚料理→本日のお肉料理→デザート→ドリンク
料理の説明も細やかで タイミング的にもよい頃合いで運ばれて来る。

カジュアルフレンチだが、食材はわりとオーソドックスで
盛り付けや味付けはややシンプルな印象。
しかしそれが見劣りするという訳ではなく、奇をてらわず、逆にかしこまることなく
スッと入ってくる感じがあり、私には割と心地良かった。

フルコースはかなりのボリュームがあり 大いに満足出来た。
記念日やデートで使うには最高だと感じる。

レストランシーホースは周南では結婚式場としても定評があり、海を見ながら式も挙げられる。

徳山湾を眺めながら優雅な気分で過ごす時間...
たまには至福のひとときを味わうのもいいかなと思った。

道の駅上関海峡・レストラン

熊毛郡上関町に出来た「道の駅上関海峡」。
祝島原発問題で揺れる上関町にあって、東日本大震災で福島県であれだけの事があって
当初の計画を大幅に縮小した規模で始められたが
過疎に悩む上関町の観光の軸として 誕生2年を経た今も 意外なほどの活況を呈している。
漁港を有しながらも スーパーが存在しない上関町にあって
夕食のおかずや魚を買いに来る地元客も多いそうだ。

そんな「道の駅上関海峡」に、季節限定メニューがある事をFacebookで知り、早速訪問した。
行ったのが1月の上旬なので 現在は姿を消しているかもしれないが...
来年の同じ時期に再登場する可能性もあるかもという事で ご参考までに。

mitinoeki_kaminoseki

私達が行った時の季節限定メニューが「瀬戸のあなご天丼」と「瀬戸の車海老天丼」。
これを相方とシェアしながら戴いた。

「瀬戸の車海老天丼」は上関町の「光熊毛栽培センター」で栽培された
大ぶりのクルマエビを使って揚げた 大きなエビ天が2尾も入ったエビ天丼だ。
ぷりっとした食感で甘みのあるエビと 季節野菜を天ぷらにした丼で
ボリュームもあり大満足。
上関産の今崎醤油をベースにした甘い自家製タレも上手く絡んで絶妙!
こちらは1,400円。

「瀬戸のあなご天丼」は山口県の豊かな海で育った
脂の乗った天然アナゴを使用
  衣はさっくり、身はふんわりした食感で 季節野菜と上手く調和している。
上関産の今崎醤油をベースにした甘い自家製タレも上手く絡んで絶妙!
こちらは1,300円。

「あなご丼」はポピュラーだが 「あなご天丼」の存在は珍しいので
こちらだけでも食べに上関まで行く意味があるかもしれない。
いずれにしても お昼は早めに向かう事をお勧めしたいと思う。

絶品料理のあとは、上関海峡温泉鳩子の湯でリフレッシュした。
もうそれは "上関ゴールデンコース”といえるかもしれない。
東京の人が伊豆半島行くみたいに、広島方面の人が室津半島行くような感覚だろうか...(^^)。

カフェ コヤーナ Quyana

国道188号線沿い、光市伊保木海岸(室積より田布施寄り)の白くてオシャレなロッジ
以前は柳井の白壁の映山の娘さんが「A-kai」なる名で お店をやっていたが
何をやっても長続きしないように思えた建物であった。

最近 車で通り掛かってみると 新たなカフェが新装オープンしており
店名を見ると「カフェコヤーナ」と称するカフェとなっている
光に出向く機会が出来たので 早速立ち寄って食事を楽しんでみた。

quyana

海辺の絶景カフェと銘打って
メニューもできる限りの地産地消オーガニック食材にこだわった
心も体も健康で笑顔になるランチ&ドリンクを提供するとの事。

本日のオススメとあった コヤーナスパイスカレーとスモークサーモンサンドイッチを注文。
メニューの種類は多くはないが、厳選したものを出すといった感で
店内の雰囲気もカジュアルで好ましい。

店主はシーカヤックで世界を旅する冒険家の原康司さん。
冒険家との事で ツアーやイベント出店などでお休みの事もあるそうなので
営業日はFacebookで確認してから 訪問する事をお勧め。

カフェ コヤ―ナでは、夕日の撮影にぴったりな場所があるとの事、
海と島と空だけが見える場所との事で スタッフに訪ねてみては....(^^)。

陶千茅

周南市のお食事の人気店「陶千茅」(とうせんぼう)に行った。
場所は周南市五月町で オートバックス徳山店の向かいに位置しているが 
そこからは車で入る事が出来ず 遠石のくにしげ家具&ドトールコーヒー近くの交差点から
東進する道が無難と思う。
駐車場は広い訳ではない為、乗り合わせて同伴で行かれる事をお奨め。

陶千茅は 階段を昇った2Fがお食事処となっている。
店内の雰囲気は 純和風ながら静かなジャズが控えめに流れて
お洒落な雰囲気で寛げる。
器などの陶器販売スペースもあるが、
陶器の作家さんの物が 店内で実際に使われているとの事。

tousenbou
サングラス&革ジャンは私です(^^)

メニューは悩むほどのレパートリーがあるのだが
私は ファンが多く定番ともいえる「高菜ピラフとサイコロステーキ」を注文した。
これにサラダとスープが付く。
相方は「ハンバーグ鍬んか定食」(ハンバーグ ご飯 味噌汁 煮物 サラダ)を注文、
白ご飯がお替わりが出来るのは嬉しい。和風と洋風を選べて1,700円。
鍬んか... だけに鍬の上におかずが載っているのも面白い。

自家製の有機質野菜を使い 家族皆が安心して食べられる味 をウリにするだけに
おかずはどれも味がしっかりしていて美味しい。
相方とシェアしあって食べたが 一つ一つ丁寧に作られたといった印象だ。

徳山の素敵な人気店だけに 予約して行く事をお勧めしたい。
1階では弁当・惣菜そしてケーキの販売もある。
livedoor プロフィール

アクセスカウンター
安眠グッズ通販カラコンGoodsFun-グッズファン
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ